日々のあれこれ、野の花、時々野鳥や 小動物にも遭遇
by gonta_mayaha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
山野草
読書
ニュース
展覧会
社寺
視る
その他
ごんた
フォロー中のブログ
ババママ気まぐれ日記
花日記
お花大好き
リンク
最新のコメント
ほんと、地上じゃないから..
by 慈恩。 at 19:39
>慈恩さん 嵐山は登山口..
by gonta_mayaha at 11:19
ちょっとご無沙汰のうちに..
by 慈恩。 at 20:15
>慈恩さん マニアの人達..
by gonta_mayaha at 07:28
ドクターイエロー、テレビ..
by 慈恩。 at 15:50
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 01月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
ブログジャンル
自然・生物
アウトドア
検索
画像一覧

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

入梅

5月26日(木)
 近畿・中国・四国に入梅宣言がでた。まだ5月、平年より12日早い。
早く入って早く明けると、長い夏がやってくるし、平年どうりに明けると
梅雨が長いことになる。どっちにしてもたまらんな~

 25日、図書館で予約の本2冊を受け取り、書架で適当に題だけで
選んで、計6冊借りた。家に帰って、ざっと目を通すと、何と3冊は既読。

 浅田次郎著 憑神 、以前娘にチケットをもらって、観た 中村橋之助主演の
舞台の原作のようで、あのときはもう一つ分からなかったがこんな話だった
のかと納得した。本はとても面白かった。
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-27 08:09 | Comments(2)

洗いました

何とか冬も乗り切って、少し体重が増えたので、洗いました。
口や目のまわり、しっぽが特に汚かったのです。
お湯に入っている間は、気持ち良さそうにしていたのですが
洗いあげて、乾燥にかかったら、なんかあまり反応がなく
心配になりました。でも押入れの暖房カーペットで寝ていて
くたびれただけのようでした。おとしだものね~
b0046933_20143119.jpg

b0046933_20155395.jpg

b0046933_20145784.jpg

b0046933_20152547.jpg

[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-22 20:16 | ごんた | Comments(4)

御在所岳

5月20日(金) 
 友人を誘って、三重県の御在所岳の山上散策に行きました。
名神高速道の草津ジャンクションから”新名神高速道路”を
走ってみるのも目的の一つでした。

 滋賀県の土山SAに寄ると、そこは、上下車線の間にあって
両車線から利用できるようになっていました。車での行き来は
できないので、間違って戻るなんてことは、逆走しない限り
ありません。
道路もトンネルもゆったりして走りやすく、鈴鹿山脈を貫くので
やや標高の高いところを通るようで、緑がきれいでした。

 御在所岳の主目的のアカヤシオツツジはやや終盤だったけど
まだ残り咲いていました。
b0046933_11491053.jpg


 次の日電話をくれた名古屋市出身の友人に三重県の御在所岳に行ってきたと
言うと、えっ三重県?愛知県じゃなかった?という、小学生の遠足というと
御在所岳だったとのこと、滋賀県と三重県の県境だよ~電話を切って
地図を出して見ると近鉄電車で名古屋からの交通至便、おまけに
愛知県は広大な平野で中でも名古屋は南西の平野部にある。

 私は、北や南のアルプスに出かけるときは名古屋で中央線に乗り換えたり
車でも愛知県から中央自動車道に乗ったりなので、なんとなく、山への
アプローチで山のイメージだったけど、愛知県は平野なんだ!と認識した。

思い込みって、おかしいわ~
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-20 11:39 | Comments(0)

小暮荘物語

三浦しをん著、予約の本が準備できたというので、借りに行って
ついでに、宮部みゆき3冊、北森鴻1冊、諸田玲子1冊借りた。
帰りにガソリンスタンドに寄った。前回、入れた時より、リッター5円値下がり
していた。ガソリンメーターを修理してもらってから、油量がきっちり表示され
当たり前のことだが、目盛りが信用できるようになってほっとする。
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-19 12:20 | 読書 | Comments(0)

大山寺・大神山神社奥宮

 GWをはさんでの2週間の間に、山野草目当ての出撃、7日、うち2日は半日だが
5日はけっこう遠出。さすがに疲れ果てて、雨をよいことと受け止め
昨日からぐた~と過ごしている。頑張っても、予定していた、花はだいぶ見落として
しまった。だからって、どうってことはないのだけど。

 5月8日(日)鳥取県の大山山麓までダイセンキスミレを見に行った。
まだ山での目撃情報はないので、山麓の大山寺と大神山神社奥宮周辺が目当て。

 16年前の6月、山頂から、日本海に沈む夕日と日本海から上がる朝日を
見るために、山頂の無人小屋泊まりで、寝袋・水・夕朝食を担いで登った。
もちろん天気予報も確認して出かけた。なのに、米子市周辺は晴れているのに
山頂だけ濃いガスで、翌日も山頂は晴れなかった。弥山山頂での濃霧の中の
記念写真があるのみ。皆生温泉も米子自動車道も晴れていたけど。
その時も、大山寺には行かなかった。16年ぶりの大山でそして初詣で。

 下山駐車場は満車で、第4駐車場に駐車したのでそこからの大山
1万年前に最後の噴火があったという古い火山、ここから見ると
火口壁の先端が、弥山などの峰々だってことがよくわかる、風化で崩落が進んでいる。
b0046933_11402941.jpg


 まっすぐに、旧火口内に登っていくと、大山寺山門
門までも、門の間からも急な石段が続く。
b0046933_1145461.jpg


 門前から左に折れて、大神山神社奥宮への参道
b0046933_11473824.jpg


 鳥居をくぐると、日本一長い自然石の石畳 前日の雨でぬれていて
滑りやすいので、よそみ歩きができない、膝に来る。
b0046933_1149056.jpg


 最後は、幾重かの石の階段
b0046933_1154227.jpg


 最後の門をくぐると奥宮の本殿 権現造り と雪の残る大山
b0046933_12311156.jpg

b0046933_12373869.jpg


 周囲でダイセンキスミレを撮って、登山道に入ってみたが
雪が残り、足元はぐちゃぐちゃ、野草の花は見当たらないので即撤退

 帰りに大山寺にお参りして、山門で志納料をおさめた。
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-11 11:55 | 社寺 | Comments(2)

青空

半分は雲に覆われているけど、見えている空は青い、久しぶりだな~
とりあえず、ざっとだけど洗車した、朝から、ベッドの位置を動かした
のもあって、疲労困憊。年をとるってのは、何でもなく出来たことが
ものすごい労力を必要とするようになるってことを実感。

シートの端に足を引っ掛けて、室内でぶっ倒れた、骨折してないか
確認してそろそろ起き上がる、ほんまに情けない日常。
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-07 12:04 | Comments(2)

おひさま

 4月に始まったNHKの朝のテレビ小説、舞台は今のところ安曇野
景色もいいし、毎朝見ています。主人公一家が母親の転地療養のため
安曇野に引っ越して来たところから始まった。

 主人公の陽子が小学6年生ぐらいだろうか、常念岳登山があった。
標高2857m、安曇野の標高が葯600mぐらいだそうだから
大変な登山だ。お母さんはその間に亡くなった。

 信州の子供たちは、今でも、学校の登山で、甲斐駒や燕岳、常念岳などに登るらしい。
現在の常念岳登山は一の沢の林道終点まで車で入れるので、標高差は1500弱だと思う。
それでも大変だよ。
 私は天草の僻地の小学生で、毎日片道40分の山越えの通学路を通っていた
その上、遠足には、近くで一番高い、といっても、標高500mぐらいだけど
山に登らされてほんと恨めしかった、ピラミダルな常念岳だったら嬉しかっただろうか?


 陽子はいま女学生で通学路の昭和初期の街並みは、協力奈良井宿と
あるので、街並みを保存してある中山道の奈良井宿で撮影されたのかと
思う。
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-07 06:48 | Comments(2)

オサマ・ビンラディン

 アメリカ軍が、パキスタンの首都近くの豪邸に潜伏中の
アルカイダの指導者ビンラディンを急襲して射殺したというニュース。
驚いた、よその国内で特殊部隊が堂々と作戦を遂行していいものなのか。
作戦成功のニュースを聞いて、アメリカの人たちが大喜びしているニュースを見た。
ビンラディンに裁判は不要だと主張。

 ニューヨークのテロは記憶に新しく、若者を洗脳して自爆テロに向かわせる
指導者を擁護する気持ちはさらさらないけど。本当に、こんなことでいいのだろうか。
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-03 23:18 | Comments(0)

黄砂

昨日から日本列島を広範囲にわたって黄砂が覆っている、今日は曇りのち
黄砂の混じった雨だと。車も街も黄ばんでしまった。
原発事故の放射能を云々するのなら、中国奥地の砂漠化をくいとめて
黄砂を減らす努力もしなよな!
[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-03 11:12 | Comments(0)

ふ~ちゃん いらっしゃい!

 筍のばらずしを作ったのでと言うと、娘夫婦がふ~ちゃんを連れて
受け取りに来た。初訪問で、ふ~ちゃんはパニック、ごんたはイジワル
すぐ帰っちゃいました。また来てね~
b0046933_1932355.jpg

b0046933_19321871.jpg

[PR]
by gonta_mayaha | 2011-05-01 19:32 | ごんた | Comments(2)